2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.06.08 (Mon)

驚かないでください(笑)

みゆみゆこと亡くなった母の息子です。
ブログのコメント欄に出会い系などからのコメントがたくさんあった中で、ひとつだけ『汚いコメントは許さない』と言うようなコメントがあったと父から連絡があったので、なんとしても出会い系などのコメントを消去したいとFC2さんに事情を説明して問い合わせたところ、「不謹慎なコメントなどは消去しました」との返事をいただきました。
そして母が使ってたIDをすべてではないですが、教えて下さったので今日記を書くことができています。

なぜか『汚いコメントは許さない』というようなコメントまで消されてしまいましたが・・・
ありがとうございました!!

残された男3人犬2匹は元気です!
皆様も新型インフルなどにお気をつけてがんばってください。

ありがとうございました
スポンサーサイト
EDIT  |  23:44  |  家族  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.03.21 (Fri)

ありがとう

皆さん 温かいお言葉ありがとうございます。
メッセージしづらい内容に私も読んでいて
本当にありがとうございます

ところで、やはり体はついていかず…でした。
葬儀の夜、あまりの呼吸困難に地元のに緊急入院し、右肺の水を抜いてもらい、そして今日は急いでに戻り、いつものに入院、左肺の水を抜いてもらいました。

目まぐるしい展開にびっくりですが、救急外来にも関わらず、優秀なドクターがいてくれてよかったと思いました。

というわけで、また入院しています。ベッドの空きなしで個室にいます。

行けてうれしかったけど、また家族に迷惑をかけてしまいました。
EDIT  |  00:33  |  家族  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.03.17 (Mon)

父旅立つ

今日は 悲しいお知らせです。

私の父が 昨朝 朝日とともに旅立ちました。
享年72歳

20年前の胃がんをはじめ 病気病気の人生でしたが
仕事も頑張り、市の建設部長を勤め上げ、
今も現役の社長をしていました。

父には 私の病気のことで 本当に心配ばかりかけて
恩返しもできないままです。

何があっても 治療優先にしようと思っていましたが
やはり、父の近くに行きたいので
通夜ぎりぎりに帰ることにしました。

ちゃんと見送って
心にけじめをつけてこようと思います。
というか 父に背中を押してもらいに行くような気がします。

それでは また
EDIT  |  17:03  |  家族  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2008.01.30 (Wed)

父の病状・・・

今日は 久々に長い時間 お出かけをし
外の風に あたってきました。

胸水を抜く前に比べたら 元気に歩けます。
でも、右が軽くなったら 左も抜いてもらいたいな・・・
なんて、思っちゃたりします。

夕方、買い物を済ませ、車に乗り込んだところ、弟から電話が・・・
月曜日も お店は違うけど このタイミングだったな。

EDIT  |  22:29  |  家族  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2008.01.28 (Mon)

検査行ってきました

皆さん、たくさんの励ましコメント ありがとうございました!
読ませていただくたびに 一言一言  かみしめていました。
今日、お蔭さまで PET検査 終了しました。

検査が進むにつれ
「どう出たって やるっきゃないんだよな」
って思えてきました。
前に進まなきゃね!

検査も終わり、やれやれと思っていたら
弟から電話・・・

実は今日
以前からC型肝炎の治療がんばってた父が
食欲もなくなり
黄疸も出てきたので
入院しました。

その病院から
今日 出張で 父の入院に立ち会えなかった弟に
「先生からお話がありますので病院に来てもらえますか?」

「今後の治療方針のことですか?」
と言ったところ
病状が大変深刻な状況で・・・お話したいとのことだったそうです。

で、
「姉ちゃん、俺、覚悟決めてあさって聞いてくるわ」
と・・・

夜、何も知らない母から電話があり
「今日、先生が 1ヶ月くらいで 退院できるって言ってくれたの」
「お父さんは あなたのことだけ心配なんだから、
こっちは大丈夫だから、自分のこと 大事にしてよ」

一人でいる 母を心配しつつ
ただただ 涙が出てきて 仕方ありませんでした。

幸い、うちの旦那さんの実家の兄夫婦が
入院の際、付き添ってくれました。
本当に親身になってくれて ありがたい限りです。


父の回復を願って
私も前を向いて しっかり歩いていこうと思います。
いつも心配かけている両親の気持ちに報いること

私が元気でいること・・・
EDIT  |  22:47  |  家族  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。